飼い主さま ペットの病気と検査

椎間板ヘルニア

頚部や腰部でよくみられる病気です。通常、骨と骨の間には椎間板と呼ばれる軟骨があり、クッションの役割をはたしています。この椎間板物質が突出し、脊髄を圧迫してしまうことを椎間板ヘルニアといいます。

原因

加齢、運動等の物理的ストレスなどが原因の一つに挙げられますが、犬種の偏りがよくみられる疾病です。 軟骨異栄養犬種とよばれる犬では、若い年齢から椎間板物質の水分が失われ、クッションの役割を果たさなくなり、椎間板が突出しやすくなります。

特徴

日本では、ミニチュア・ダックスフント、ビーグル、シー・ズー、ペキニーズ、ウエルシュ・コーギー、フレンチ・ブルドッグなどで多いと報告されていますが、プードルやコッカー・スパニエル、ラブラドール・レトリバーといった大型犬や猫でもおこります。

症状

症状は”抱いたときキャンと鳴く”や”何となく動きが悪い”など、痛みだけの場合から、手足が麻痺して立てなくなってしまうものまで様々です。また、慢性的にゆっくり進む場合と、さっきまで元気だったのに突然立てないという様な急激に進む場合があります。

検査

通常、一般的な身体検査や神経学的検査、レントゲン検査を行い、他の病気の除外や、椎間板ヘルニアを疑う所見を確認し、次の検査に進みます。
次の検査は、脊髄造影やCT、MRIになります。MRI検査は最も椎間板ヘルニアの診断において精度の高い検査の一つで、椎間板ヘルニアと同じ症状を起こす、脊髄腫瘍や脊髄梗塞、脊髄炎が判別できます。

MRI:矢状断像 T2強調画像

MRI:矢状断像 T2強調画像

MRI:横断像 圧迫された脊髄

MRI:横断像 圧迫された脊髄

MRI:横断像 正常な脊髄

MRI:横断像 正常な脊髄

治療

外科療法と内科療法があります。通常、どちらを選択するかは、症状やその子の病変の状態などにより決定します。

一覧に戻る

飼い主さま